FC2ブログ







information

kaede_sg toy galleryはこちら。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

S.I.C. vol.28 仮面ライダーファイズ&ウルフオルフェノク 

 レビューは「続きを読む」からどうぞ→
以下の画像はクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。


仮面ライダーファイズ
 最弱のくせに人見知りまでするとかいう厄介なベルト、それがファイズ。

画像ではそんな風には見えないけどシルバーは暗めになってます。
あと全体的に塗装が荒いかな。

可動範囲は龍騎系を受け継いだ文句なしの広さだけど相変わらず保持力皆無。
特に下半身。
なんとレビュー中にヘタリ始めるという泣けてくる仕様。


(5 5 5 Enter) -Standing by- 「変身!」

-Complete-
 ファイズフォンは脅威の完全可動。
カバーオープンのヒンジに金属線を使用しているので強度も十分。
ただ、変身ポーズを再現すべくバックルへの接続がダボ1本のみになってしまっているため、
動かしているとファイズフォンが落下しまくり。
両面テープでの固定は必至。
落下の衝撃でミッションメモリーがとれて行方不明なんてことにならないようにね!(涙

ツールボックス
 付属のツールボックスに装備品を収納できます。


フォンブラスター
 ファイズフォンはちゃんとフォンブラスターモードにもなります。
劇中未登場のポインタードッキングモードも再現可能。
これはなりきり玩具でも可能な仕様なので、
初期設定ではフォンブラスターのイクシードチャージもあったってことなんでしょうか。


ファイズショット
 デジカメにミッションメモリーを装着するとなんとメリケンに。
デザインやサイズに時代を感じますね。


ファズエッジ
-Ready-

 さすがSIC。刀身がダイキャストで重すぎてポーズが取れません。
刀身を鋭角的デザインにしたのはイマイチいただけない。
先端はなぜか劇中同様曲面構成で意味不明。


ファイズポインター
-Reday-

-Exceed Charge-

             きゅいーん


「たぁー!」
 広い可動範囲のおかげでクリムゾンスマッシュも完全再現。
ミッションメモリーはクリアパーツでファイズフォンから取り外し・各ツールに装着可能です。
ファイズポインターはポインター部分も可動、というか軸が抜けます。
もうユルユルでイライラ。

 靴底はダイキャスト。
 フォトンストリームはクリアパーツで
 雰囲気バツグンです。


ウルフオルフェノク
 実はたっくんもオルフェノクでしたー。
って全然驚かなかったけどさ(^^;

 デザイン自体はそんなに変わってないですね。
脚部が逆関節で、劇場版(?)になってるくらい。
まぁそのおかげで全然ポーズがとれなくなってるわけですが。

フェイスアップ
 あなたはどっちの顔が好き?
…じゃなかった(笑
劇中のスーツではデコについてたオオカミ顔が随分大きくなってるので、
こっちを顔に見立てた方が自然ですね。


やっぱり今回も

換装とはいえ、共有部分は芯にしかなってないのはお約束。
これぞバンダイクオリティ。


ところで

うちのウルフ右脚が開封直後に御臨終だった件について。
破損部の断面があまりにもキレイすぎるんで一瞬仕様かとおもったっつの。


総評
ということでたっくんでした。
塗装の荒さやら壮絶なヘタリ、パーツポロポロ地獄など難点はありますが良作だと思います。
結構動くしなによりカッコいい。


Open your eyes for the next "faiz"




今回レビューした商品は…


S.I.C.ファイズシリーズ
  
スポンサーサイト

[2006/06/25 19:11] S.I.C. | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ksgtoy.blog58.fc2.com/tb.php/31-8e750fee


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。