information

kaede_sg toy galleryはこちら。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

S.I.C.vol.32 仮面ライダー響鬼 

S.I.C. vol.32 仮面ライダー響鬼
レビューは「続きを読む」からどうぞ→ 
各画像はクリックすると大画像が表示されます。

仮面ライダー響鬼
クリックで拡大  クリックで拡大
ブレイドを飛び越してはやくも響鬼がS.I.C.に登場。
もともと有機的なデザインなこともあってか、他のライダーに比べるとイマジネイティブ分は少なめ。
なんと、基本素体はファイズと同じらしいです。
つまり「上半身マッチョ下半身貧弱」スタイルって事で。
ファイズ持ってないから知らなかったんだけどめちゃくちゃ動くぞこれ。
龍騎素体より動くんじゃなかろうか。
無意味につま先まで動く。でも安定性は変わらない。
ただ、S.I.C.伝統のヒザ関節の弱さは相変わらずですぐコケるのはお約束。
何とかならんのかアンディ。

ちなみに、ほとんどのパーツがクリア成型に塗装されているので
光があたるとうっすら透けてなかなか面白いです。


「結構鍛えてます」
クリックで拡大
ヒビキさんの「シュッ」な決めポーズ手首も付属。
コレやってたのはほどんど変身前の細川茂樹だから正直微妙な感じ。
どっちかというと、鼻の頭をかくしぐさの手首が欲しかった。


鬼法術・鬼火
クリックで拡大
なにやらとんでもないことになっております。


鬼闘術・鬼爪
クリックで拡大
劇中では手首と同じ赤色でしたが銀で塗られています。
どうやっても地味なものは地味か。

音撃棒・烈火
クリックで拡大  クリックで拡大  クリックで拡大 「一気火勢の型!」
音撃棒も鬼石・棒部分がクリアパーツ。持ち手はダイキャスト。
軽いししっかり保持できるのでポーズも楽々。
鬼石はちゃんと阿・吽を再現。
腰に装着するときは真ん中の棒部分をごっそり外して持ち手と鬼石だけにします。
(正確には鬼石も収納時専用のものを使用。)


音撃鼓・火炎鼓(かえんつづみ)
クリックで拡大 「コレ、俺のだっけ…?」
一応ベルトから取り外し可能。
普通の軸接続なんで、取り外すとベルト部分に穴が2つも空いててちょっと無様。
そして本来銀なはずの音撃鼓のフチまでなぜか金メッキ。
中途半端なコスト削減にげんなりさん。


変身音叉・音角
クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大
このサイズで可動ギミックを再現したため、ぶっちゃけ全然違うモノに。
これはむざんむざん。
可動モデルと固定モデルの2パターンつけてほしかった。
ディスクアニマルもロードできます。
このときは「シュッ」の手首を使うといい感じ。


猛士の刀
クリックで拡大
昨今稀に見る駄作、劇場版響鬼に登場した猛士の刀。
正直いって最もいらないアイテム。
かなりうっすらとですが“響鬼”の文字も刻まれています。(画像の反対側の面)


鳴刀・音叉剣
クリックで拡大 「まただ… 誰のだよコレ」
刀なのか剣なのかはっきりしてほしい名前ですがどうみても刀です。
本当にありが(ry
まぁポイントとしては響鬼は一度も使ってないということでしょうか。
これもまたS.I.C.の伝統か、刀剣系なのでしっかり保持できません。
ちなみに音角と比べると全然サイズが違うのはご愛嬌。


「響鬼、装甲!」
クリックで拡大
よぉーし、いっちょパワーアップしちゃうぜー。



ごごごごごごごごー…。
クリックで拡大



装甲響鬼
クリックで拡大  クリックで拡大 「あっ! 音角とDA忘れた!(爆」
ちなみにちょっと首が長くなったような気がするのは気のせいです。
装甲用の前腕部と首のジョイントが固すぎて面倒だったんで半分くらいしかはめてません。
だって撮影用に換装しただけでもう二度とやらないし(ぇ


音撃増幅剣・装甲声刃(アームドセイバー)
クリックで拡大  クリックで拡大
なんつーか、激しくそのまんま。
苦し紛れに鬼の顔貼り付けて無理やりイマジネイティブ分を補った感は拭えません。
なんならもっと長モノにしてくれればまだマシになったのに。


「鬼神覚声!」
クリックで拡大
なんかやけに頭が小さく見えますが気のせいです。
装甲声刃はフルアクションで鬼神覚声形態へと移行できます。
本体の可動範囲も広いからポーズも楽々。
ただ、実際やってみるとあんまりカッコよくないので一度やればお腹いっぱい。


ディスクアニマルもたくさん付属
クリックで拡大
上段から未起動状態・ロード状態・装甲状態。
未起動状態はタカ・オオカミ・オオザル・カニ全種。
ロード状態はアカネタカ・ルリオオカミ・リョクオオザルの基本セット。
装甲状態はハガネタカ・カブトオオザル・ヨロイガニ。

サイズは直径1.8㌢。当然響鬼と同スケール。
それぞれ造形自体は完璧なのに意味もなく塗装が荒いのがS.I.C.クオリティ。
未起動はダイキャストにスミイレ。
ロードはクリアー成型にシルバー、装甲はクリアブラックに朱色で塗装。
まぁ雰囲気はバッチリなんだけどね。


通常版は各3体、装甲版は各1体付属
クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大
左からアカネタカ・ルリオオカミ・リョクオオザル。
どれも若干生物っぽい感じになってます。
なにより残念なのはリョクオオザルの顔が無残にも潰れた造形になってること。
アカネタカも羽の角度に個体差があったりします。
この3種は個人的に最もお気に入りなDAなので残念…(´・ω・`)ショボーン
ルリオオカミは比較的安定。結構かわいい。

クリックで拡大
左からカブトオオザル・ヨロイガニ・ハガネタカ。
ヨロイガニ以外は通常版と同じ金型なのでピントはカニにあわせました。
カニかっこいいよカニ。
でも装甲版は通常版より輪をかけて塗装が荒い。


DA大集合
クリックで拡大
毎回この数ついてきたら凄いことになるな…!(笑


おまけ。
クリックで拡大
ちょっくら肩パッド外してみた。
なんかこの方が劇中のイメージに近いような気がする。
問題はダボ穴だ。

HOME かブラウザの「戻る」でお戻りください。
スポンサーサイト

[2006/03/31 14:58] S.I.C. | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2009/08/07 18:16] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ksgtoy.blog58.fc2.com/tb.php/9-33d7a666


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。